HOME > ブログ > スマホ店舗アプリで集客しよう!作成のメリットを紹介!
印刷豆知識

スマホ店舗アプリで集客しよう!作成のメリットを紹介!

kaneko
ブログ

皆さんは、集客方法としてどのようなことを思い浮かべますか。
いろいろな集客方法があると思いますが、効率的に集客を行いたいですよね。
そこで、ご提案したい方法がスマホ店舗アプリを作成することです。
作成することによって得られるメリットや活用方法についてお話しします。

スマホ店舗アプリを作成するメリット

スマホ店舗アプリを作成することで、店舗側にもお客様側にもメリットがあります。
どのようなメリットがあるのか見ていきましょう。

1つ目は、プッシュ通知機能がついていることです。
お店からのメッセージやクーポン配信がダイレクトに届く機能です。
ホーム画面やロック画面に表示されるお知らせは、見逃してしまいがちなメルマガよりも優れた集客ツールと言えるでしょう。

2つ目は、アイコンアプリから直接アクセスが可能なことです。
アプリをタッチするだけという、非常に手軽な方法でアクセスできます。
また、アイコンがホーム画面に表示されるため、ブランディング効果も期待できるでしょう。

3つ目は、来店の機会損失を防げるスタンプカードやポイントカードとしての機能があることです。
紙媒体でポイントカードを発行する際に必要な、印刷や再発行の手間がかかりません。
さらに、お客様もポイントカードの管理に困ったり、忘れてしまったりすることがないでしょう。

4つ目は、顧客管理情報が簡易化できることです。
チラシやダイレクトメッセージでは、これらから得られた効果を正確に集客することは難しいでしょう。
しかし、店舗アプリを作成すれば施策の測定が可能です。
それに伴って、マーケティング戦略も練りやすくなります。

店舗アプリの活用方法

先ほどご説明したように、店舗アプリにはたくさんのメリットがあります。
しかし、これらをどのように活かしていけば良いのでしょうか。
店舗アプリの活用方法を解説します。

まず、プッシュ通知は顧客管理情報から通知したい対象をセグメント化し、位置情報も活用した運用にしましょう。
顧客属性によってセグメント化することで、お客様のアプリの使用率アップに期待できます。
また、位置情報を手掛かりに、お客様に対してその店舗のお得な情報や来店後にお礼の通知を発信することが可能です。

次に、クーポンを配布することでアプリのダウンロードを促進できるでしょう。
お客様にアプリをダウンロードしてもらうまで高いハードルがありますが、このハードルを乗り越えるための施策としてクーポンを配布することをおすすめします。
クーポンに期限の設定ができるため、これらの機能も一緒に活用していきましょう。

そして、ポイントカード機能です。
お客様が来店した際にポイントカードを忘れたり、来店後になくしたりするデメリットを解消できるでしょう。

当社では、スマホ店舗アプリ「GOOSEE(グーシー)」をご提案しています。
店舗登録型ですので、アプリの開発費用が抑えられます。
また、店舗情報をお客様へダイレクトに発信できるため、リピート率の向上が図れます。
リアルタイムな告知や配信ができ、口コミで横のつながりも期待できる「GOOSEE(グーシー)」を使用してみてはいかがでしょうか。

まとめ

今回は、スマホ店舗アプリのメリットや活用方法をご紹介しました。
メリットを生かした集客方法であるスマホ店舗アプリの使用を検討してみてはいかがでしょうか。
スマホ店舗アプリの「GOOSEE(グーシー)」に興味がある方や、スマホ店舗アプリを使用して集客したいとお考えの方は、ぜひ当社にご相談ください。

お問い合わせはコチラから

関連記事