HOME > ブログ > クラウドとはどんなもの?利用されているサービス例もご紹介!
印刷豆知識

クラウドとはどんなもの?利用されているサービス例もご紹介!

kaneko
ブログ
最近では、「クラウド」という用語がよく聞かれるようになりました。
しかし、クラウドの実態がよく分からない、という方も一定数いらっしゃるのではないでしょうか。
そこで今回は、クラウドについて主に解説します。
ぜひ最後までご覧ください。

クラウドとはどんなもの?

まずは、クラウドの概要を説明いたします。

クラウド(クラウドコンピューティングの略称)とは、インターネットのようなネットワークを経由して、サーバー、ストレージなどのITリソースやアプリなどを利用できるサービスです。

ソフトウェアを使う際、これまでは手元のPCやサーバーにソフトをインストールするのが一般的でした。
WordやExcel、メールソフト、ウイルスバスターなどは自分のPCにインストールしている方は多いと思います。
また、サーバーを運用する場合についても、サーバー本体やストレージなどのハードウェアを自分で購入し、社内のサーバールームやデータセンターに設置して運用管理を行う形態が一般的でした。

一方、クラウドはソフトウェアの動作に必要なITリソースやサービスをクラウドベンダーが所有しているため、PCにソフトをインストールしたり、ハードウェアを購入したりする必要はありません。
クラウドベンダーから必要なものを「借りている」わけです。
そのため、インターネットにアクセスさえできれば、場所を問わずにオンデマンドでサービスを利用できるのです。

クラウドサービスを使ったサービスの例は?

ここでは、実際にクラウドを使っているサービスをご紹介します。

Googleの各種サービス

Googleが提供しているGmail、Googleドライブ、Googleカレンダー、Googleドキュメントなどのアプリは、ネット環境とブラウザさえあれば利用できるサービスです。

オンラインストレージ

これまではパソコンをはじめとする端末上にデータを保存することが一般的でしたが、インターネットに接続することでクラウド上にデータを保存できるようになりました。
このように、ファイルや写真などのデータをクラウド上に保存できるサービスを、「オンラインストレージ」と言います。

アプリの管理

弊社が提供するスマホ向け集客アプリなどの管理画面の多くは、クラウド上にあります。
そのため、通信環境と操作端末さえあれば、場所を問わず情報を管理できます。

まとめ

今回は、クラウドの概要や具体的なサービスをご紹介しました。
クラウドとは、インターネットのようなネットワークを経由して、サーバー、ストレージなどのITリソースやアプリなどを利用できるサービスです。
Googleが提供しているGmailやGoogleドライブなどは、クラウドを利用しているサービスとして馴染みがある方も多いでしょう。

また、弊社でもクラウドを利用した「スマホ向け集客アプリ」を提供しています。
集客アプリに興味を持っていただけましたら、ぜひ弊社までご連絡ください。
本記事が皆様のお役に立てれば幸いです。

 
 
お問い合わせはコチラから

関連記事