HOME > ブログ > 明けましておめでとうございます!
楽楽Webコピー

明けましておめでとうございます!

kanno
ブログ

新年明けましておめでとうございます!
本年もフジプランズ「印刷部門」、コピー・製本部門とも宜しくお願いします。

今年の初日の出は綺麗に現れませんでしたが、自宅近くの多摩川で写真撮影しました。
日の出を待つスピリチュアルな時間が好きで、ここ数年元旦には必ず出かけています。
年が明けて、今年はどのような仕事のご依頼が待っているのか楽しみになりました

        tamagawa.jpg

さて!
今年は元号が変わります。
新しい元号は何になるのでしょうか??
メディアでは様々な予測がされています。

昭和から平成に変わった時はあっという間だった気がしますが、今回は天皇陛下退位から新元号発表までの時間がありすぎますよね!
楽しんで予測しているうちにマジになって考え込んだりして・・・(・・?)

よく言われるのは、頭文字を省略した英字(明治→M、大正→T、昭和→S、平成→Hが被ってはいけない...とか。
希望する漢字では「安」の文字が入って欲しいとの意見が一番多いのだそうです。
個人的には親しみやすくて未来に希望が持てる漢字を望んでいます。

新元号が制定されることに関連して、皆さんの職場ではスケジュールカレンダーや経理書類等の日付表記をどうするのか、話題になっていませんか?
何となく今まで曖昧にしてたことですが、新ためて和暦」西暦で迷っている会社様も多いと思います。

和暦(元号)は、当然ながら時代の呼び名として深い意味を感じさせます。
その時代に自分はどう過ごしていたか...が偲びやすく、感情的にはこちらが好きです。

西暦は、長い目で見ると計算しやすく、世界の動きとも照らし合わせることができ、混乱が少ない表記のような気がします。

しかし、どちらかに統一されていれば良いのですが、混在して使っていると年数を勘違いしたり業務上のミスに繋がったりします。
ネットでは親切に和暦と西暦の対応表などがあったりしますね。
日本独自の悩みなのかもしれません。

印刷物におきましてはお客様の指示通りに印刷を行っております。
しかしやっぱり和暦の方が...いや西暦の方がなどと大量に印刷依頼をしてしまった後変更はもったいないです。
せっかく出来上がった印刷物が無駄になったり使いずらいものになりますので、事前に慎重に検討する必要があるでしょう。

印刷のご予定のある方は、
今から社内で揉んでおいたほうが良いことかもしれませんね。

とにもかくにも皆様にとって今年が良い年でありますようにお祈り申し上げます!
そしてフジプランズはお客様のご依頼に「総力を挙げて」取組みますので、ご期待とともにご依頼を宜しくお願い致します!

関連記事