HOME > ブログ > インデックスを使ってワンランク上を!
楽楽Webコピー

インデックスを使ってワンランク上を!

kanno
ブログ

インデックスは皆さんご利用されていますか?
ファイルを買うとたまに付いてきたりもしますが、インデックスって何?って言うお客様にご説明します。

かたっ苦しく言うと、書類や書籍に索引用として挟み綴じる「耳状の出っ張り」をもつ用紙のことです。
書類をファイルに綴じた時、見出しのページ部分にちょこんと出っ張りがあると、目的のページを探しやすいですよね!
あれのことです(笑)

楽楽Webでは、こういったニーズのお客様にもご満足いただけるよう準備しておりますが、商品サイトでわかりずらい部分もございますので、新ためてご説明します。

インデックスのひとつの出っ張りを「1山」とカウントしております。
通常は上から段々になるよう5山を1セットとし、山ごとに違う色の用紙を用意しております。
もちろんそのまま挟み込むだけでも見出しになります。
しかし、楽楽Webでは耳の部分にパソコンで文字編集した文字を入力することができます。
こうすれば何処の見出しか一目瞭然!ですよね(^^)o

入力できる文字書体はMS明朝かMSゴシック、縦書き・横書きが可能です。
文字数の目安としては、11ポイントで9文字、2段表記であれば18文字まで入れられます。
サイズを下げればもっと入ります。

「章番号や記号だけでいいよ」と言った、入れる文字は1~2文字だけのお客様のために、
12山のインデックスもご用意しております。
12山の場合の文字数の目安は、11ポイントで4文字、2段表記であれば8文字。
5山12山とも、入力文字につきましてはご依頼時にご相談ください。

<応用編として>

5山に大見出し、12山に小見出しを組み合わせて使う方法もございます。
種類の違うインデックスを重ねると益々立派に見えます!
ぜひ一度お試しください。

かかる制作料金につきましては「文字入力代」「用紙代」「印刷代」の3点となります。
この中で「文字入力代」は部数にかかわらず1部のみの料金となります。
「用紙代」「印刷代」は全部数分となります。
詳しい金額についてはお見積り時にご回答させていただきます。

インデックスを使ってワンランク上の見栄えの良いファイル製本ができます!
ご注文をお待ちしておりますので、お気軽にご相談くださいv(^^)v

関連記事